診療案内
  • 遅発型フードアレルギー
  • アレルギー治療
七条武田クリニック
京都市下京区西七条
南衣田町3
TEL:075−312−7002
診察日
月〜土(日・祝は休診)
診察時間
午前9:00〜12:00

往診・訪問看護などの在宅医療も行っております。
お気軽にご相談ください。
>

診療のご案内

総合内科

認定内科医が、かぜ、熱、咳、のどの痛み、鼻水、身体がだるい、お腹が痛い、胃のあたりが痛い、下痢・便秘などのお腹の調子が悪い、嘔気・嘔吐などのよくある訴えに対する総合内科診療を行っています。
症状がひどくなる前に受診をして、適切な投薬、処置を受けましょう。
お子様の風邪、咳、腹痛、嘔吐、下痢などの診察は小児科医が行っております。

循環器内科

循環器専門医が、慢性心不全、狭心症、不整脈などの心臓病をはじめ、高血圧や血管疾患の検査・治療を行っています。息苦しい、胸のあたりが重苦しくて痛い、心臓がドキドキする、めまい・失神、足や顔のむくみ、足の痛みなどがあれば早めにご相談ください。
また、心臓病や動脈硬化の原因となる高脂血症(コレステロールや中性脂肪の治療)、糖尿病の検査・治療を行っています。
健診で血圧高値や心電図異常を指摘されて血圧や心臓にご心配な方はご相談ください。

糖尿病内科

糖尿病専門医が糖尿病に対するインスリン治療をはじめ、血糖降下剤の内服治療、栄養指導を行っております。
血糖値が高い、尿から糖がでるなど健診の異常への対応を行っております。また、糖尿病が悪化すると、のとが乾いたり、多飲・多尿、体重減少がおこりますのでひどくなる前に受診してください。
また、糖尿病は何年もかけて脳梗塞や心筋梗塞などのさまざまな合併症を引き起こしますので、合併症の検査や治療を行っていく必要があります

消化器内科

消化器専門医が、逆流性食道炎、食道癌、胃炎、胃腸炎、消化性腫瘍(胃十二指腸潰瘍)、胃癌、大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸炎、腸閉塞、虫垂炎、鼠径ヘルニアなどの消化管疾患、黄疸、肝炎、肝硬変、肝細胞癌、脂肪肝臓、アルコール性肝障害、ウイルス性肝障害、胆石症、胆嚢炎、胆管炎などの肝臓・胆嚢・胆管疾患、膵炎、膵癌などの膵臓疾患の検査・治療を行っています。
胸焼け、腹痛、嘔気・嘔吐、食欲低下、下痢・便秘、健康診断での肝機能異常が、早めにご相談ください。

呼吸器内科

咳、気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、咳喘息、アレルギー性核の治療を行っています。長引く咳や痰、息切れなどがある方はご相談ください。

腎臓内科

IgA腎症などの慢性腎炎、糖尿病腎症や高血圧性腎硬化症などの慢性腎疾患の検査・治療を行っています。尿潜血が陽性、尿蛋白が陽性など健康診断の異常があれば、ご相談ください。尿路感染症、腎および尿管結石などの対応も行っております。

アレルギー科

花粉症、アレルギー性皮膚炎、肌荒れなどのアレルギー性疾患の検査・治療を行っています。標準治療では治癒困難なアトピーに対してプラセンタ注射を行っています。プラセンタはアレルギー自体の反応を抑え、肌の再生が早くなるので、標準治療では難治性のアトピーに有効な場合があります。なおアトピーでのプラセンタの注射は保険診療外となります。またプラセンタの効果とリスクの説明を十分に行って同意書にサインしてもらってから治療を行います。プラセンタ注射を打つと献血が行えなくなりますから注意が必要です。
花粉症に関しては、スギ花粉舌下液(シダトレン)を用いてアレルゲン免疫療法を行っております。スギ花粉飛散時期には新たな投与はできませんのでご注意下さい。

参考はこちらへ(保険外診療料金表ページへ)

詳細はこちらへ(スギ花粉症アレルゲン免疫療法のページへ)

脳神経外科

頭が痛い、めまいがする、手足がしびれる、急に気分が悪くなって倒れたなどの症状があれば、ご相談ください。脳神経外科専門医が検査・治療をさせていただきます。よくある疾患として、片頭痛、緊張型頭痛などの診断・治療をしております。また、物忘れや認知症の診断・治療もよくご相談を受けております。

頭痛治療

頭痛とは、一生のうちに誰しも経験のある最もありふれた症状の一つです。風邪を引いたとき、二日酔いになったときなど生活のあらゆる面で頭痛は起こります。
しかし、中には重篤な疾患を原因とするものもありますので、迅速な診断と治療が必要です。頭痛外来では、頭痛に関して痛みの継続期間、頻度、時期、痛み方など詳しく問診を行い、必要な場合はCT検査、MRI検査を実施し、頭痛の原因を診断いたします。

「頭痛治療ページ」(片頭痛・めまい・吐き気)

脳卒中治療

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり破れたりすることによって、脳が障害を受ける病気です。脳卒中をいったん発症してしまうと重症化して後遺症が残る危険性が高く、後遺症により生活の質が大幅に低下してしまうことが多い病気です。
当外来では、脳卒中予防と脳卒中後遺症の診療を行っております。次の症状があれば、すぐに受診して下さい。片方の手足や顔半分に麻痺・しびれが起こる、ロレツが回らない、言葉が出てこない、立てない・歩けない・フラフラする、目が見えにくい、激しい頭痛がする。こういった症状が自然に治まる場合もありますが、放置しますと脳梗塞を発症する危険性が高いため、専門医の受診が必要です。
また、脳卒中を発症された方の再発を予防するための定期的な診察も行っております。

詳細はこちら(脳卒中治療のページへ)

脳ドック

隠れ脳梗塞の早期発見、脳卒中や認知症の予防を目的に最新のMRIを用い脳の健康診断を行っております。脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤・認知症などの脳の病気を早期に発見できます。当院の脳ドックの特徴は、広くて静かな最新のMRIを用い、脳神経外科専門医と放射線専門医の2名による画像診断を行っています。

脳ドックは健康診断なので健康保険が使えません。
但し、見つかった病気の治療については、保険が適応になります。

詳細はこちらへ(脳ドックのページへ)

人間ドック

気軽な人間ドックを受けたいが詳細な検査もしてほしい・・・。そんなご要望にお応えし、充実した内容ながら半日で受けられるコースをご用意しております。また豊富なオプションにより、おひとりおひとりに合った健診が可能です。通常の人間ドック(胃カメラ・腹部エコーあり)に、脳ドック・肺ドック・血管ドックを加えた人間ドックプレミアムコースが好評です。当院は患者様にやさしい検査を追及しています。

人間ドックは健康診断なので健康保険が使えません。
但し、見つかった病気の治療については、保険が適応になります。

詳細はこちらへ(人間ドックのページへ)

禁煙治療

医師と一緒に禁煙しませんか?
健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
健康保険で治療が受けられるか当院の禁煙治療のホームページでチェックしてください。

詳細はこちら(禁煙治療のページへ)

生活習慣病治療

血圧が高い、コレステロールや中性脂肪が高いと健康診断で指摘された方、血糖値が心配、脳梗塞や心筋梗塞が心配と思っている方、ご遠慮なくご相談ください。

アンチエイジング治療

オプティマルヘルス(その年齢の最高の健康状態)を目指すために最新のアンチエイジング治療(内科、皮膚科・アレルギー科)を提供しています。点滴療法でからだの内から最高の健康状態を維持します。とくに疲労回復・肌の改善に効果的です。

詳細はこちら(アンチエイジング治療のページへ)

統合医療

慢性疲労症候群、線維筋痛症、副腎疲労症候群等、治療法が確立していない疾患に対するビタミン点滴療法を行っております。これまで症状が改善した症例を経験しております。ただし、健康保険の適応になっていないため、説明を十分に行って同意していただいてから治療を行います。

詳細はこちら(高濃度ビタミンC点滴療法のページへ)

詳細はこちら(保健外診療料金表のページへ)

美容内科

肌荒れ、しみ、色素沈着などの皮膚トラブルに対する高濃度ビタミンC点滴療法やプラセンタ療法を行っております。化粧のりが格段に良くなったなど好評です。ただし、健康保険の適応になっていないため、説明を十分に行って同意していただいてから治療を行います。

詳細はこちら(高濃度ビタミンC点滴療法のページへ)

詳細はこちら(保健外診療料金表のページへ)

訪問診療

在宅療養支援診療所として、訪問診療・訪問看護を行っております。

詳細はこちら(訪問診療のページへ)

ページの先頭に戻る