診療案内
  • 遅発型フードアレルギー
  • アレルギー治療
七条武田クリニック
京都市下京区西七条
南衣田町3
TEL:075−312−7002
診察日
月〜土(日・祝は休診)
診察時間
午前9:00〜12:00

脳ドック・人間ドック・高濃度ビタミンC点滴療法などの保険外診療にも力を入れております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
> >

頭痛とは?

一口に頭痛といっても、痛みの強さ、痛くなる場所、痛みが続く時間などは、人によって異なります。頭痛は、様々な原因によって引き起こされるため、現れる症状も異なるのです。こうした頭痛の中には放っておくと生命がおびやかされるような危険な頭痛もあります。また、生命に関わらなくてもつらく、耐え難い頭痛もあります。まず、ご自分の頭痛がどのタイプかを知ることです。

頭痛には、大きく分けて2つのタイプがあります。

一次性頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。頭や体には頭痛の原因となる別の病気はみられません。しかし、何らかの原因で、慢性的に繰り返し頭痛が起こります。頭痛患者さんの約90%がこのタイプにあたります。

二次性頭痛は脳腫瘍や感染症など、別の病気が原因で起こる頭痛です。頭痛患者さんの約10%がこのタイプにあたり、一次性の頭痛患者さんほど多くはありませんが、生命に関わる場合もあり、注意が必要です。

頭痛の種類

一次性頭痛とは

慢性的な頭痛で、主に下記の3タイプに分かれます。
ご自分の頭痛がどのタイプなのかを、正しく知ることが必要です。

片頭痛(偏頭痛)
  • 月に1回から数回起こります
  • 頭の片側か両側が脈打つように痛みます
  • 階段の昇り降りや運動により痛みが増します
  • 光や音に敏感になったり、吐き気を伴います
  • 頭痛の前にまぶしい光やギザギザ模様が見えることがあります
緊張型頭痛
  • 頭全体が締め付けられるような頭痛が続きます
  • 動けなる程、ひどい痛みではありません
  • 運動など身体を動かしても悪化しません
  • 精神的・身体的なストレスが原因となります
  • 多くの人が経験したことのある最も一般的な頭痛です
群発頭痛
  • 片目の奥が、突き刺すように激しく痛みます
  • 目の充血、涙、鼻水が出る、鼻づまりなどを伴います
  • 1〜2ヶ月の間、ほぼ同じ時間に毎日続きます
  • 10〜15分の間にひどくなり1時間程度続きます
  • 飲酒が引き金になることもあります