メディア情報

media

2015年8月29日

京都リビング(中央版)掲載

脳ドック・人間ドック

「脳梗塞や脳出血などの〝脳血管疾患〟、いわゆる脳卒中は、突然死を招いたり、命を取りとめても重い後遺症が残ることがあります」と、七条武田クリニックの院長・武田敏宏先生。「脳卒中や認知症の予防のためには、定期的な検診が重要です」同クリニックの「脳ドック」(2万3000円~)では、最新のMRIを用いて、脳の健康状態を診断。40歳以上で、特に高血圧・糖尿病・肥満・喫煙・家族が脳卒中になったことがあるといった危険因子を持つ人は、受診がおすすめとのこと。「もの忘れ(認知症)診断オプション」と組み合わせることも可能。日本頭痛学会認定の専門医による頭痛の診療も行っています。必要に応じてCT検査やMRI検査などをしながら、頭痛の原因を診断します。「人間ドックと脳ドックを組み合わせた人間ドックプレミアムコースもございます。まずは気軽に相談を」

075-312-7002