アンチエイジング内科

~いつまでも若々しくいたいもの~

七条武田クリニックでは、オプティマルヘルス(その年齢の最高の健康状態)を目指すために最新のアンチエイジング治療(内科、皮膚科・アレルギー科)を提供しています。点滴療法でからだの内から最高の健康状態を維持します。とくに疲労回復・肌の改善に効果的です!
七条武田クリニックで行っておりますアンチエイジング治療についてのご紹介です。
高濃度ビタミンC点滴療法、プラセンタ療法、マイヤーズカクテル点滴療法を中心としたアンチエイジングの内科治療を行っています。

高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴は、サプリメントや内服薬では絶対に摂ることのできない大量のビタミンCを血液中に直接投与することで、血中濃度を急激に上げ、ガンのみならず、美肌・美白・アンチエイジングなどの美容効果、疾患予防・改善、身体機能の改善に飛躍的な効果を得る事ができます。副作用は非常に少ない安全な治療法です。

※進行した心不全・腎不全、人工透析中、先天性G6PD欠損症の方は高濃度ビタミンC点滴をすることができませんのでご了承ください。

こんな症状の方にお勧めできます。

ガンなどの悪性疾患の補助療法として、良好な体調を維持しながら覚解期を延長させたい方

慢性疲労症候群など疲れ・だるさがぬけない、なんとなくやる気がしないなどの症状がある方

回復を早め、体調をより良く整えます。

免疫力をアップさせたい方

風邪、風邪の引きかけ、風邪をひきやすい方の回復などを早め、体調をより良く整えます。

シミ・くすみの改善、肌の張り、シワ・タルミの予防などの見た目のアンチエイジング効果を期待する方

※ビタミンCによる皮膚の結合識の主成分であるコラーゲンの生成と維持する作用により、肌のハリ・キメ・ツヤを改善します。
また、しみになってしまった酸化メラニンを無色の還元型メラニンに変え、メラニン色素の生成を抑制する作用でシミ・くすみを薄くします。
さらにビタミンCの強力な抗酸化作用でシミ・シワをできにくくするなどの効果が期待できます。

プラセンタ療法

日本ではプラセンタの有効な生理活性成分を抽出した注射薬が昭和30年頃より開発され、これまで治療薬として使用されてきました。細胞1個1個の呼吸促進作用、細網内皮系賦活や創傷治療促進といった新陳代謝亢進、抗疲労作用があります。更年期障害や肝機能障害を改善する薬としても、厚生大臣認可のもと保険適応となっている注射剤です。さらに医薬品としての古い歴史の中で、副作用が大変少ないことで知られています。ところが、副作用が少ない反面、効果が穏やかでありますが、確実に効果を現すため、最近再び注目をあびています。

プラセンタを使用している患者様の中には、投与し続けているうちに疲れがとれる、よく眠れるようになる、顔色が良くなる、肌がしっとりする、シミがとれる、風邪にかかりにくくなる、月経不順や月経困難症が治る、アトピー性皮膚炎やリウマチが治る等の効果が認められているため、プラセンタ治療を希望される方が最近増えています。2~3回の注射で体調が良くなる等の効果が現れてきます。

プラセンタとは

胎盤のことをプラセンタといいます。プラセンタ療法とは、ヒト胎盤より抽出された有効成分を注射して、様々な疾患に治療に使う治療法です。胎盤の中には、下記のような有効成分が含まれていることが分かっています。タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子、インターロイキンなど)

※現在、厚生労働省からの指導で、プラセンタの注射を受けた方は、日本赤十字における献血、臓器提供に制限がありますので、治療開始前にご説明いたします。

マイヤーズカクテル点滴療法

マイヤーズカクテル点滴療法とは、アメリカのジョン・マイヤーズ医師により開発され、アメリカを中心に世界中で広く行われている点滴治療です。
からだにとって必要不可欠な各種ビタミンやミネラルなどを組み合わせて直接体内に吸収させる事でアンチエイジング効果を発揮する点滴療法です。

このような方におすすめです

たくさんの病気に効果が期待されています。
全身倦怠感・疲労・気管支喘息・偏頭痛発作・繊維筋痛・アレルギー性鼻炎・慢性蕁麻疹・アンチエイジング(抗老化)・美容効果(しみ・美肌)・抑うつなど

グルタチオン点滴療法

グルタチオンは、体内に存在する3つのアミノ酸からなるペプチドで、20歳をピークに加齢とともに減少するサビから守ってくれる抗酸化物質です。抗酸化作用以外にも、免疫強化、解毒作用、抗アレルギー作用もあります。

日本でも40年以上前から重金属中毒、慢性肝障害、湿疹・じんま疹、肝斑・炎症後の色素沈着、放射線療法の副作用などに対しても使用されている安全性の高い医薬品です。また、米国では線維性筋痛症、慢性疲労症候群などの特効薬のない疾患、パーキンソン病などの神経疾患、アンチエイジングに対してもグルタチオン点滴療法を行うクリニックがあります。

この治療は、1回15~30分の点滴で、目的によって異なりますが、週に1~3回行うのが一般的です。

このような方におすすめです

風邪の初期症状、アンチエイジング(抗酸化)、原因不明の全身倦怠感、皮膚のトラブル(湿疹・じんま疹・肝斑・炎症後の色素沈着)、アレルギー、放射線療法による副作用、抗がん剤による末梢神経障害(指先のしびれ)、重金属(水銀、鉛、有機リン)のデトックス、ウイルスやアルコールの肝障害、線維性筋痛症、パーキンソン病

この治療は健康保険が使えません。
この治療法の特徴をご理解いただいた後に治療をはじめさせていただきます。
詳しくはご相談ください。
お問い合わせはこちら 075-312-7002(代表)

075-312-7002